スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


花粉症の症状・原因

現在、日本人の約20%が花粉症だといわれています。
花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、くしゃみ・鼻みず等の
アレルギー症状を引き起こす病気です。季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
花粉症は原因となる花粉の飛ぶ季節にだけ症状が起きます。
約60種類の植物により花粉症を引き起こすと言われていますが、主なアレルゲンとしては、
スギ、ヒノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、シラカバなどがありあます。

花粉症の症状
くしゃみ・鼻みず、鼻つまりだけでなく、目の症状(かゆみ、なみだ、充血など)を
伴う場合が多く、その他に喉のかゆみ、皮膚のかゆみ、下痢、熱っぽい感じ等の
症状が花粉症では現れます。
近年、花粉症に悩む人や、複数の花粉に反応する人も増えており、ほぼ一年中
くしゃみ・鼻みず・鼻づまりに悩まされるという人も少なくありません。

花粉症の原因
花粉という異物(アレルゲン)が侵入するとまず、それを受け入れるかどうか体内で
判断されます。花粉を排除すると判断した場合、体内ではこれと反応する物質を作る
仕組みを所有しています(この物質を「IgE抗体」と呼びます)。
抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると、鼻の粘膜にある肥満細胞の表面に
ある抗体と結合します。
その結果、肥満細胞から化学物質(ヒスタミンなど)が分泌され、花粉をできる限り
体外に放り出そうとします。
そのため、くしゃみで吹き飛ばす、鼻水で洗い流す、鼻づまりで中に入れないよう
防御するなどの症状がでてくるのです。

◇花粉症の治療・予防
アレルギー性疾患である花粉症は、短期間で症状を完治させることはできません。
それでも、薬でつらい症状を少しでも改善することは可能ですし、長期間しっかり
治療や予防策を講じれば完治することも可能です。
また、花粉症の症状が出る前に抗アレルギー薬を予防的に用いる方法があります。
花粉が飛び始める2週間ほど前から事前に服用しておくことで、症状を軽減する事が可能です。
この方法は、花粉の飛散期の薬の効果をより高めるための対策として位置づけられますが、
効果的に利用するには、病院や診療所で診察を受け医師の指示に従って進めてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。