スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


大豆アレルギー

大豆は、豆腐や醤油、みそなどの原料ですので、日本人にとって非常に身近な
食物といえます。大豆の成分でアレルギー原因となるたん白質は、ピーナッツ、
そら豆、えんどう豆にも共通しており、大豆に似ている豆類には、注意が必要ということです。
大豆アレルギーとは、大豆をアレルゲン(抗体)とした食物アレルギーです。
大豆は、卵、牛乳と合わせて三大アレルゲンの食物と呼ばれています。

大豆アレルギーは、卵アレルギーや牛乳アレルギーなどと同じように、乳幼児から
はじまり学童期に入る前には解決する場合が多い様です。大豆は、加工食品の主原料、
副原料として広範囲に利用されているため、日々の食事から大豆を除去するのが
非常に困難です。

■大豆アレルギーの強さの強い順■

1.大豆油・おから・ピーナッツ
2.インスタント食品や揚げ菓子で大豆油を使用したもの
3.納豆・あん・きなこ
4.豆腐・醤油・みそ・豆乳

つまり、納豆や豆腐などの大豆加工品はアレルギーを起こす強さが弱まるのです。
大豆は加熱しても、アレルギーを起こす力は弱くならないといわれていますが、
加工品になると弱くはなりますが、個人差がありますので、大豆のアレルギーがあれば、
注意は必要になります。

現在、大豆などの成分も食品の表示義務がありますので、食品を買う場合は表示に
注意してください。アレルギーがある場合、大豆を除いてもおいしい料理は作れますので、
アレルギー症状に応じて大豆を制限します。また、醤油やみそは、アレルギーでなくても
口の周りにつくとかぶれることがあります。湿疹が出たからといって、大豆アレルギーとは
限らないので、医師に相談してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。