スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


牛乳アレルギー(ミルクアレルギー)

牛乳アレルギーは食物アレルギーの一種で、牛乳中のタンパクに対する過敏症です。
牛乳中のカゼインとβラクトグロブリンという物質でアレルギーを起こします。
牛乳を放置すると上清と沈殿物に分かれて上清にβラクトグロブリンが沈殿物
カゼインが含まれます。ちなみにチーズはカゼインから作られます。牛乳だけではなく、
母乳中の微量アレルゲン、皮膚についた牛乳アレルゲン、ハウスダスト、局所
塗布薬にも牛乳蛋白が検出されます。

カゼインは下記のものにも含まれています。
化粧品、タンナルビン、ハム、ソーセージ等の豚肉食品 非発酵グレープジュース
などのフルーツジュース、ワイン、蒸留酒、ビール等


・牛乳アレルギーの発症時期と症状
90%が生後3ヶ月以内に、大部分が生後2〜6週間に発症し、哺乳力低下、下痢、
嘔吐などの消化器症状のほか、アトピー性皮膚炎、喘鳴、ときにはアナフィラキシー・
ショックを起こす場合があります。

・牛乳アレルギーの原因
上記のタンパクに対するアレルギー反応が関与することが多いとされています。
牛乳中のタンパクが摂取されることにより、腸管壁の肥満細胞のIgEと牛乳タンパクが
抗原抗体反応を起こし、その結果、肥満細胞よりヒスタミンが遊離され、腸管の
平滑筋収縮や血管透過性亢進が誘起されます。

食物アレルギーの特徴として、腸管粘膜の粘膜免疫機構の未熟な小児にその頻度が高く、
症状も重篤であることが挙げられます。最近ではアナフィラキシー型の食物アレルギー
患者も少なからず報告されています。食物アレルギーの原因食品として、
わが国として多いのは、鶏卵、牛乳、大豆製品です。

・牛乳アレルギーの治療
牛乳の除去を行い、大豆乳や消化乳(ただし、大豆アレルギーに要注意)を
飲ませます。粘膜損傷が激しく、下痢が続く場合には中心静脈栄養が必要と
なる場合もあります。


【乳糖不耐症】

乳糖の摂取により消化器症状(下痢、嘔吐、腹痛、鼓腸、悪心など)をきたし、
摂取の中止により症状の消失するもので、牛乳アレルギーとは全く異なります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。