スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


アレルギーカテゴリの記事一覧

アレルギーとは


アレルギーとは免疫反応が自分の体に不利に働いてしまう病気です。
私たちの身体には、身体にとって異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が体内に
入った時、それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除するシステムが存在します。
このシステムの反応を抗原抗体反応とか免疫反応といいます。これらの反応は、
抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」ですが、しかし、過剰に反応し、
生体防御の範囲を「逸脱」した場合はアレルギーとなり過剰な反応を示します。

ほとんどの人が異常な反応を示さない物質に対して、アレルギー体質の人は過剰に
異常な症状や反応を示してしまう特別な体質です。

アレルギーをその症状・機構によってI〜IV型の4つの型に分類されます。せまい
意味での「アレルギー」という場合、多くはI 型のアレルギー反応を指します。
I 型アレルギーは即時型で、抗原が作用して15分〜12時間ぐらいの短時間で反応が
起きます。食物アレルギーは、このI 型アレルギーにあたる反応で、初めのアレルゲンの
侵入によって多量に作り出されたIgE抗体が、再度のアレルゲン侵入時に反応し、
その結果マスト細胞から化学伝達物質が放出されることで発症します。このように、
食物アレルギーは、事前に産生されたアレルゲンに反応するIgE抗体が、アレルゲンと
抗原抗体反応を生じることで起こります。

現在アレルギーというと、食物、金属、鼻炎、皮膚炎(アトピー)、紫斑病、結膜炎、
喘息など多くのアレルギーがあります。単に食物アレルギー一つとっても、卵、そば、
小麦、牛乳など多種にわたります。
厚生労働省が行った「保健福祉動向調査」によると、何らかのアレルギー症状を
発症しているのは、約3人に1人という驚きの結果が出ました。
東京都内では80%を超える家庭で、アレルギー症状のある人が家族にいるという答えです。
しかもさらに「まだ発症していないがアレルギー体質の人」もいるとすると現代では、
日本人の過半数がアレルギー体質になっているとも考えられます。「自分はアレルギー
体質だとは思っていなかった」ような人たちが次々と発症し、花粉症などは、
右肩上がりに増え続けているのです。
かつては「アレルギー体質」は主に「遺伝」の側面から考えられていました。
しかしあまりに急増で、それでは説明がつかない状況です。そこで特に戦後数十年の
間に日本に起こった生活習慣や環境によって、体質そのものが変化し始めていると
指摘されています。
具体的には、食生活、住宅、公害、ストレスなど。しかし現段階では、明確な原因は
解明されていません。

◇現代日本の主な三大アレルギー
・花粉症
・アトピー性皮膚炎
・気管支喘息


アレルギーで心配なのは「体質だから仕方ない」と治療を諦めてしまう人が多いと
いうことです。アレルギーという病気は新たな症状に進行することがあるという事が
あるので、根気強く治療を続けることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。