スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


動物アレルギーカテゴリの記事一覧

動物アレルギー


動物アレルギーとは、アレルギー疾患の一つです。アレルギーとは、本来体に役立つ
はずの免疫反応が過剰に反応し全身あるいは身体局所に障害を与えることをいいます。
動物アレルギーの場合は、動物の毛、ふけ、唾液、羽毛、尿などを原因とする
アレルギーです。猫、犬などの毛、ふけによるアレルギー性鼻炎、血膜炎、気管支喘息、
蕁麻疹、アトピー性皮膚炎が頻度の高い症状です。
インコなどの
小鳥の糞、尿、唾液などによる過敏性肺臓炎を起こすこともあります。
犬、猫アレルギーは古くから知られていますが、ハムスター、モルモット、ウサギ、
鳥類など新しいペットのアレルギーが最近目立っています。動物実験扱い者には、
モルモット、マウス、ラットなどのアレルギーが、畜産業者にはウマ、ウシなどの
アレルギーなども見られます。
最近はペット愛好者も増加し、動物アレルギーが増加傾向にあります。
予防・
治療としては、アトピー素因のある家庭では猫、ハムスターなどを室内で飼育
するのを避けるようにします。
動物アレルギーと分かった時は、その動物を手放す事が必要です。薬物療法としては、
他のアレルギーと同じく抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を服用します。
症状のある時は抗アレルギー薬や、ステロイド薬を点眼、点鼻します。

◇動物アレルギーの予防
ペットにはかわいそうですが、犬や猫の生活空間を制限する方法が有効です。
もしくはベランダや庭にペットの居住空間を作る方法です。、気温や湿度の調整や、
外敵との遭遇等問題はありますが、日本の狭い住宅事情です、ご家族でよく相談して
家族ぐるみの対策が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。