スポンサードリンク

  心配しないで!食物アレルギー
   20年治療経験を持つ親子がアレルギーとの暮らし方を公開
 
 

  小麦ゼロの米粉パンが焼ける
  アミノ酸が豊富な「米粉パン」が作れるホームベーカリー



  上手におつき合いアトピー/食物アレルギー
  通院・治療・ケアに即お役立ち!はじめて出会う育児シリーズ



  米・小麦アレルギーの代用食に
  代用食のうるちあわは、鉄分の補給にも適した穀物です。


金属アレルギーカテゴリの記事一覧

金属アレルギーの症状・原因


金属アレルギーとは直接金属によってアレルギー反応が起きるのではなく、
まず金属から溶出したイオンが直接触れている部分や、あるいは唾液を介して
経口的に血液中に溶け込み、体の他の部位へ運ばれます。皮膚や粘膜のタンパク質と
金属イオンが結合し、体が本来もっていないタイプのタンパク質に変化します。
このタンパク質に対して免疫細胞が過剰に反応するとアレルギー反応が起こります。
金属アレルギーは同じくアレルギーと言われる、喘息やアトピー性皮膚炎などの
即時型アレルギーと異なり、遅延型アレルギーと言われています。

金属アレルギーの症状

・接触性皮膚粘膜炎
金属と直接触れる部分に現れる炎症です。舌、口唇、歯ぐきなどが赤くなったり、
ただれたりします。また、痛みや痒みを伴うこともあります。現れる症状と
部位により、口内びらん、歯肉炎、舌炎、舌痛症などに分けられます。
・全身性接触皮膚炎
直接触れる部位ではなく、血液を介してなど直接金属が触れていない部位にも
起きる皮膚炎です。湿疹などのかぶれが生じたりします。
・蕁麻疹
短時間で赤い斑点が出現・消失するもの。


【金属アレルギーの治療と予防】
金属アレルギーを発症した場合には、まずはその金属の使用を中止することが重要です。
しかし6価クロムによる皮膚炎などは、見た目には金属が含まれていないため、
直ぐに金属アレルギーだと判断出来ない場合もあります。金属でなくても、
何か接触している部分が皮膚炎を起こした時には、直ぐに使用を中止し皮膚科受診を
お勧めします。
皮膚科での治療としては、副腎皮質ホルモン外用剤を処方されることが多く、
薬を塗れば1〜2週間で症状は治まります。しかし、一度金属アレルギーになると
生涯完治しない可能性も多く、その後はずっと金属と接触するのを避けるか、
使用方法を検討しなければなりません。
実際、金属アレルギーだと自覚するのは、皮膚炎等の症状が出始めてからの場合が
ほとんどですが、金属と接触している部分のかぶれや、かゆみがあるなどの症状が出たら、
初期段階で皮膚科を受診すれば、悪化を避けられます。自分が金属アレルギーか
どうか疑わしい場合には、病院での検査をお勧めします。

【金属アレルギーの検査】
パッチテストと呼ばれるものです。パッチテストは、専用の絆創膏にそれぞれ
異なる金属の試薬を別々に塗布してから皮膚に貼付します。2日、3日、1週間後に
判定しますが、アレルギーの原因になる金属があれば、試薬を貼っていた部分の
皮膚が赤くなり、陽性と判定します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。